理想通りの注文住宅!ライフスタイルに合う新築一戸建てを手に入れる

Custom home

分譲住宅に関する記事

つみき

すでに完成!分譲住宅が大人気になるその裏側

一戸建てやマンションなどの購入を考えたときに、「分譲」という手段もあるということを頭に入れておきましょう。こちらでは、分譲住宅についての特徴やメリットが記載されています。住宅の購入を検討しているのなら、ぜひチェックしておきましょう。

READ MORE

注文住宅のメリット

自由度が高い

すでに完成している建売住宅とは違い、間取り・外観や仕様などをご自身のスタイルや好みによって変更できる、自由度の高さが注文住宅のメリットでしょう。例えば、キッチンを広くしたい、外観を欧風にしたいなどの要望も注文住宅で実現することが可能です。

資産価値が高い

質のいい資材を選んで腕のいい会社で施工した場合、建物の資産価値は下がりにくく、資産価値が高いままの状態をキープしやすいです。そのため、仮に注文住宅を売却することになったとしても、建売住宅ほど資産価値の低下のリスクも少なくなります。

施工業者が選べる

同じ設計でも施工業者が違うければ、品質にも差があります。しかし、その点、注文住宅の場合にはハウスメーカーや工務店などの施工業者をご自身によって決めることが可能です。そのため、評判の良い施工業者を雇うということも可能なのです。

予算を調整できる

注文住宅はご自身が提示する予算に基づいて、住宅が建築されていきます。そのため、こだわりたい部分はカタチにして、逆にこだわりたいをもたない部分に関しては、施工のグレードを下げることが可能です。しかし、せっかく注文住宅にするのなら、できるだけ予算は多めに確保しておくといいでしょう。

建築現場を確認できる

建売住宅では、すでに建物が完成しているので建築現場を実際に見ることができません。ですが、注文住宅の場合には建物が出来上がっていくまでの途中経過をご自身の目で確認することが可能です。しかも、何か不具合や不満があれば、直接的に相談することができるので安心もできます。

新築住宅が選ばれる理由ランキング

no.1

リフォームや立替えができる

新築住宅は建物が古くなったり住みにくいと感じたりした場合、リフォームや建て替えなどの選択肢があります。また、もちろんのこと、増築を行なうことも可能です。このように、中古住宅と比べて今後の選択肢が多いというところも、新築住宅が選ばれている理由になります。

no.2

保証期間が長い

どのような新築物件でも、住宅品質確保促進法によって10年間の保証サービスを受けることができます。そのため、仮に柱や梁など住宅の耐久性に関わりのある部分が欠損してしまった場合にでも、期間内であればすぐに対応することができるので安心です。

no.3

最新設備が導入しやすい

太陽光発電や電力自由化などで最新設備の導入が必要な場合、中古住宅では費用の負担が多くかかってしまうことが多いです。しかし、新築住宅の場合はそういった最新設備を導入するケースを想定して作られているので、比較的システムを導入しやすいです。

no.4

税制上の優遇が受けやすい

中古住宅に比べて、新築住宅は登録免許税や不動産所得税といった必要な税金が軽減されています。また、固定資産税も同様に税額の軽減がされており、さらに長期優良住宅であれば税額がかなり少なくなります。このように税制上の優遇を受けやすいというのも新築住宅の魅力の一つでしょう。

no.5

土地の価値は残る

経年劣化によって、ほとんど価値がないような建物になったとしても、土地の価値は半永久的に残ります。そのため万が一、建物を売りたいという場合にも安心できます。しかし、地価も建物同様に価値が変動しやすいので、売却するときは専門家に調査してもらうことをおすすめします。

注文住宅を選んで新築一戸建てを建てよう!

家

様々なタイプの住宅

新しい住宅を購入することを考えたときには、「注文住宅」、「分譲住宅」、「新築一戸建て」と様々なタイプの物件から住宅を選ばなければなりません。そのため、大阪や伊勢原、久留米エリアでは住宅選びに悩んでいるご家庭も多いのです。どの物件にもそれぞれの特徴とメリットがありますが、その中でも注文住宅をおすすめします。注文住宅では、基本的にフルオーダーの自由設計で間取りから空調までご自身によって決めることが可能です。また、逆にこだわりたいポイントだけを指定し、後は不動産会社に委託するということもできます。ご自身やご家庭に合わせて快適な住宅を作りたいというのなら、注文住宅を選ぶべきでしょう。

電力自由化の魅力

また、新しい住宅を購入する際には「電力自由化」の導入を検討してみるといいでしょう。電力自由化では、今までガスを使用してきた家電製品を全て、電力仕様に変更します。その結果、光熱費を削減することも可能なのです。そして、何より電力会社を比較して選ぶことができるので、料金が良心的な会社と契約を結ぶということも可能です。特に、最近ではセット割引などのプランやキャンペーンによって、さらに光熱費を安くすることができるので、電力自由化を導入することをおすすめします。

広告募集中